エネルギーのお勉強

キャンドルをともしながら

8月7日に黒磯文化会館で上映される『ミツバチの羽音と地球の回転』をよりおもしろく観るために、6月21日夏至の日に、原子力エネルギーについて非電化工房の藤村氏がやさしく解説してくださいました。中央にキャンドルを囲んで、しばし炎の明りと向き合って。。。
知ることが大切なんだと、知ったからこそ思えるのかもしれません。

私たちが企画する勉強会、興味のある方参加無料です。

次回は宇都宮です。南宇都宮駅前のbe off にて、17日土曜日午後3時からの約2時間。※会場には10分前にはおいでください。

非電化工房・藤村さんの興味深いエネルギーのお話を愉しく聞かせていただきましょう!

be off
〒320-0838 宇都宮市吉野1-7-10

素敵な大谷石の建物です。
公共の交通機関をご利用ください。※どうしてもお車でという方、アースデイ那須実行委員会までご相談ください。
東武宇都宮線:南宇都宮駅 下車 徒歩1分
JR宇都宮駅からは関東バス「陽西通り経由鶴田駅行」バスに乗車し
「南宇都宮駅前」下車徒歩30秒

感謝!!

お天道様に感謝!!雪解けのぬかるみにはまりながらもアースデイ那須を愉しんでくださった皆様に感謝!!
 
18日、日曜日。4月の奇跡的な大雪の後の、奇跡的な快晴の中、那須のアースデイは開催されました。雨の心配はしていましたが、まさか雪が降るとは。。。初めて那須で試みたアースデイイベント、メイン会場である非電化工房でのアースデイ那須は、延べ500名ほどの来場者を迎えることがました。
那須山麓の自然豊かな山里の景色、そこに地球と平和をテーマでつながった人たちが大勢集まり、その風景は言葉で現すことが惜しいくらいとても美しいものでした。
 

 ぬくもりのあるゆるやかなつながりは、ここからまだまだ続いていきます。素敵なチャレンジだけれど一人では勇気が出ないようなことも、つながることで可能になるかもしれません。つながることで優しく強い心をもてるかもしれません。

 
地球のために、平和のために、日々をやさしく丁寧に過ごしてみる。自分で出来る何かいいことを増やしてみる。そんなことを愉しく毎日繰り返しながら、来年もアースデイ那須で素敵な笑顔を持ち寄りましょう!!
引き続き、下記のサテライトイベントが行われ(てい)ます。
  

PB530の取り組み

4月9日のミーティングでメイン会場内でのゴミの始末について話し合いました。
まず、ゴミの出る可能性のある屋台村では、使い捨ての食器を使わないのでゴミの量は最小限に抑えられるということ。ただ、そうは言っても出てしまうのがゴミです。たくさんの来場者があれば、出ないわけもない。
もちろん、ゴミはお持ち帰りいただけるのがベターですが、やはり、分別するゴミステーションは必須ですね。
さて、今回のミーティングで話にあがったのが、『PB530』=プラスチック ブレンド ゴ ミ 0 の情報。
分別して集めることによって、低コストで積極的に資材としてプラスチックをリサイクルするシステムです。
那須町も那須塩原市もプラスチックは可燃ごみとして収集されているので、恥ずかしながら私も知らなかったのですが、実行委員の一人、榎さんの最近のお気に入りだそう。家庭内のゴミでプラスチックの割合はかなり多くて、それを資源ゴミとして分別して持っていくだけで、本当のゴミはだいぶ少なくなるそうです。
てなわけで、18日(日)のメイン会場ゴミステーションでは、そんな取り組みの紹介と実践をしてみようと思います。
楽しみにしてくださいね。
この話を聞いて、私も早速自宅でプラごみ専用ゴミ箱作りました。

PageTop