お知らせ|アースデイ那須2021秋開催に寄せて

アースデイ那須とは


 “アースデイ(地球の日・422日)”は、50年前のアメリカで地球のために行動する日として始まりました。宗教や、思想などに関係なく、だれもが自由に、地球に感謝し、美しい地球を守る意識を共有し、その思いを行動に変える日として今もなお世界中で行われています。

 アースデイ那須が始まったのは2010年。『環境と平和の祭典』として開催され地域を巻き込み大きな盛り上がりをみせました。それから10年たった今でも人々が「おおらかに、ゆるやかに」つながる場として継続され、那須では環境への想いをもつ仲間やコミュニティが増え、地域社会を支える一助となっています。

 そんな折、2020年冬からから発生した新型コロナウイルスによって、私たちは一度立ち止まり、社会の在り方をもう一度考える機会を得ることができました。 環境面で言えば、都市からスモッグが消え、環境の改善による自然環境の回復を見ることができた一方で、以前の世界的な環境ムーブメントは感染対策や経済問題にとって変わられてしまった現状があります。

 日本社会においては、コロナ対策をはじめとして政治や社会保障の面での多くの問題が顕在化し、それに伴う不安によってコミュニティの分断が生まれています。その一方で地域に根差した消費の在り方が注目され、互助が生まれコミュニティが強化されるなどの変化がありました。

 那須でも、アースデイから始まった地域で生まれた有機的で小さな人々のつながりや場の運営は続いていき、私たちの大地に根差した有機的で自律した日常を守る一助となっています。改めてこのような状況の中で、地域社会や私たちの暮らしを守るために日々奮闘されている皆様に感謝と敬意を表したいと思います。

.

来年のアースデイ那須開催について

 アースデイ那須2021実行委員会事務局といたしましては新型コロナウィルスの冬季感染状況を鑑み、来年度のアースデイ那須は秋開催とし、よりアースデイの本質的な部分に触れる時間、さまざまな人のつながりをより広く、深く結ぶ場を作ることを検討しています。

 環境問題を考えることは、今ここにある地域社会や政治のシステムについて考え、沢山の方々と思いを共有し、考え、行動する場を創り上げて行くこと。

 その積み重ねの上で、多くの人が主体性をもって新しい時代の社会を創造する人となっていくことはアースデイのような活動をする本質的な目的であり、今の時代だからこそすべての人にとって必要な行動変容であると思います。

 そのアースデイ那須2021は、アースデイ那須マーケットと「NASU EARTHDAY SUMMIT(仮)」を同時開催し、日本各地の地域社会でアースデイの精神を大切に、環境問題に取り組む活動をする団体が会し、お互いの地域づくりのノウハウの交換を通じて、それぞれの地域開発や地域活性化に向けて話し合い、相互理解を一層深めることにより、地域レベルの環境交流の更なる展開を図ることとします。

 日本でも初めての試みとなる、来年のアースデイ那須。来年の今頃、より良き地域の場が開かれていることを目標に、早期に実行委員会を立ち上げ準備を進めていきたいと思います。皆様のご参加お待ちしております。

 アースデイは地球のために「行動する日」、私たち一人一人の主体性ある行動を携えて、おおらかに、ゆるやかに、つながりましょう。

アースデイ那須2021 実行委員長 多田美幸

宇都宮市「柿の木幼稚園」|環境への取り組み(リユース食器)のご紹介

『いま、できることをコツコツと リユース食器が当たり前の未来へ』

娘がお世話になっている宇都宮市にある「柿の木幼稚園」

昨年秋、園の恒例行事で初めてリユース食器を使用しました

わたしの所属する「大地農サークル」では自分たちで育てた野菜を使って野菜汁を提供しています

昨年はこどもたちに種まきから収穫まで関わってもらいました

地獄絵にでてくるような(笑)大釜でお椀400杯分

例年、保護者の方にはマイ箸、マイお椀を持参してもらっていますが、忘れた方、一般のお客さま用にプラスチック製のお椀を用意していました

一度きりの使用でゴミに

チリも積もればヤマとなる

県内でもさまざまなイベントが開催されています(本園の行事ではゴミは持ち帰りです)

設置されたゴミ箱が捨てられたゴミで溢れてその近くにゴミがどんどんおかれていく、、、そんな光景をみなさんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか

昨年の夏、

プラスチックごみによる環境汚染を防ぐため、栃木県と宇都宮市をはじめとする県内25市町が使い捨てプラスチックの使用削減やリサイクルの徹底などを盛り込んだ「プラごみゼロ宣言」を全国初、共同で行いました

ただ行政がいくら宣言してもわたしたち一市民が行動しなければ

絵に描いた餅になってしまいます

そのような動きもあったため、リユース食器を貸し出してくれるか、

県や市、方々に問い合わせました

行政では貸し出しは行っておらず、一般の業者から有料でかしてもらうには予算的に厳しいのが現状でした

そんなとき、以前お邪魔した那須のアースデイでのリユース食器を思い出しまし

使い終わった食器を自分たちで洗う

なんて気持ちのいい光景なんだろうと

事務局の問い合わせ先に連絡したところ、すぐに返事があり、高根沢町の「エコハウスたかねざわ」さんを紹介していただきました

お椀や皿、箸、コップなどいろいろな種類の食器を取り扱っていて、無償で貸していただけます

リユース食器の使用は初めての試みでしたので園やPTAに相談したところ、一つ返事で了承していただきました 保健所にも確認したところ特に問題ありませんでした

この幼稚園ではPTA活動の一環で保護者の方々がこどもたちに還元できるような活動をそれぞれの部で行なっています

(図書部、文化部、合唱部、研修部、太鼓サークル、手作りサークル)

今回の呼びかけで各部がゴミの削減につながる活動を考え、行動してくれました

地球を囲む大人たちが手を取り合って

こどもたちの明るい未来のために

みなが笑顔で楽しい嬉しい時間

そして地球とともに

事前に配布したお便りはそのようなイメージで作成し

保護者の方のご理解とご協力をお願いしました

当日はあいにくの雨降りでしたが

多くの方々に野菜汁をお渡しできました 

大半の方がマイ食器を持参してくださいました お椀のない方にはリユース食器を 

初めてのことで少し戸惑う方もいらっしゃいましたが、みなさんご理解いただき、この活動に関心を持っていただけました

最後に回収したお椀は洗って、エコハウスたかねざわさんに返却、割り箸はよく乾かして、その後の炊き出しなどに利用しました

当日、その後もリユース食器についての問い合わせを何件かうけました

そして、実際に総会などでリユース食器を使用した団体もありました

このような活動が波紋のように広がって

リユース食器が当たり前のことになる未来がどんどんと近づいてくることを願います

わたしの周りには

地球とともに

自分たちの暮らしを見直しながら行動している友人が多くいます

そんな仲間がいるからこそ、今回わたしも行動できました

自分ひとりでは小さな声も

みなで手をとりあえば

佳き方向へと

那須アースデイ関係者の方々、エコハウスたかねざわさん、みなさんに

改めて感謝の気持ちをお伝えしたいです

ありがとうございました

おおはしともえ

那須希望の砦|環境への取り組みのご紹介【EarthDay那須2020】

「おおらかに・ゆるやかに」を合言葉に、毎年5月第4週に開催される、自然環境と平和の祭典『アースデイ那須マーケット』。

今年は新型コロナウィルス感染予防のため中止となりましたが、まだ新型コロナウィルスの影響が限定的だった2月に募集していたマーケット出展には、多様な活動をする皆様からの応募がありました。

私たちも憧れる素敵な出展者様も多いので、そんな地域内外で様々なご活躍をする個人や団体を知るきっかけや、環境にいいことに取り組むきっかけになることを願って、HPやSNSでご紹介させていただきます。

自宅で過ごす機会が多い方もぜひ、明日からできる環境にいいことを始めてみたり、自粛明け、色々な場所に行くことを楽しみにお過ごしくださいね。

.

.

.

🌱環境への取り組み紹介🌱

那須希望の砦

◎自己紹介

「放射能から子どもを守る」をスローガンに、食品等の放射能計測、空間放射線量を計測し、公表しています。 2011年から活動を継続しています。


◎環境への取り組み

放射能を減らすための除染活動

* * information * * * * * * * * * * * * *

放射能測定や除船活動・アドバイスだけでなく、いろいろな講演や、ほかの地域の方々との放射能に関わる情報交換なども、積極的に行われています。少し忘れかけてきている放射能の問題について、地道にしっかりと活動を続けてくださっている那須地域には無くてはならない団体です。毎月、食品などの放射能測定結果も公開されているので、現状を知ることができ参考になります。

HP・・・

http://nasutoride.jp/

Facebookページ・・・

https://ja-jp.facebook.com/nasukiboutoride/

PageTop