アースデイコンサート2015出演者発表!

  • 2015年05月19日
  • blog

アースデイ那須2015を一緒に盛り上げていただけるコンサート出演者をご紹介したいと思います。

※出演者の出演日、タイムテーブルはまた追ってご連絡いたします。
photo_rustico

RUSTICO (ラスティコ)

中学の同級生だったmakiとmacoは10年ぶりに奇跡的に再会し、2012年6月にRUSTICOを結成。栃木県内を中心に活動を展開している。ふたりの奏でる音楽は、牧歌的で優しくてどこか懐かしい。重なり合うハーモニーとたくさんの楽器で、RUSTICOの世界観を紡ぎだしている。

 

 

photo_easternbloom

eastern bloom

ケルティック・中東・ブリティッシュロック・ジプシー音楽の要素を取り入れたオリジナル楽曲を制作し、ライブ活動を展開している。

 

 

photo_digda

digda

Victoria(Vo)と佐久麻誠一(Vo.dr)が軸になって活動しているbandである。
1970年代のファンク等のブラック・ ミュージックのグルーヴとソウルを生み出す、21世紀型レベル・ミュージックを目指すこのbandなのだが、彼らの出したalbumは、first demo も海外公演などで、瞬く間に完売し、first album 《Devided》も手売りで完売状態になっている。

 

 

photo_sukegawa

助川久美子

那須に移り住んで約9年。那須の自然の息吹を感じながら、曲を制作しています。
自然と共に平和に生きていた時のような世界や、私たちが忘れてしまった大切な何かを思い出せるような歌を歌えたらと思います。

 

 

photo_TheMaganeBoys

The Megane-Boys

昭和の古いジャズや日本の歌謡曲などを演奏します。古き良き時代の音楽をお楽しみください。

 

 

photo_rokkai

ディジュリドゥ六界

オーストラリアの民族楽器「ディジュリドゥ」の奏者、六界(ろっかい)。
2006年から、関東を中心に、野外フェスやライブハウス等のイベントで活動し、現在は、ディジュリドゥの第一人者である、GOMA(ゴマ)さんに師事。

 

 

photo_inaho

inaho

ドラマーとして世界を旅したイノさん(井ノ浦英雄、東京出身)と、英語を教えながら日本各地に住んだとらさん(小川奈穂)が、ちょうど中間地点の那須に住み着き、ユニットを組み、イノさんオリジナル曲その他を弾き語り&足ドラムでお届けする、力抜け・地域密着型ユニット。

 

 

pohto_nakajima

中嶋竜一

篠笛

 

 

photo_Hobobrothersband

Hobo brothers band

2014年、那須地区に在住の音楽好きな連中が集まって、なんとなく結成。
オリジナルのレゲエ、カントリー、ロック、ブルース曲を中心に、地道なの活動を続けているいわゆる “おやじバンド“!

 

 

photo_Nylons

ナイロンズ

那須近郊の音楽愛好家が夜な夜な集まって、自然発生的にうまれたウクレレユニットです。
ハワイアンやオリジナル曲、カバーなどノンジャンルで活動していますが、今回のメンバーはウクレレを中心にボサノバの研鑽に励む仲間のジャムバンド。

 

 

photo_hula

ハラウ フラ マヤ 那須

那須塩原で活動を始めて、今年9年目になるフラチーム。アロハの心を学び、フラを踊ることで心も身体も元気になって、それぞれの日常がより健やかになるように・・・フラにとって美しい自然は神様のような存在、心より感謝して踊ります。

 

 

photo_LUMINOUS

LUMINOUS

那須地域を拠点に活動してるベリーダンスの団体。
photo_none

ザ・クラシック・スタイル

クラシックスタイルを基本にオペラからジャズ、即興演奏、オリジナル曲など。ジャンルにこだわらない演奏活動をしている女性グループ。今回は非電化工房代表・藤村のチェロも加わります。

 

 

photo_mingos

アジア学院 Mingos

ミンゴスは5年前に活動が始まり、毎週火曜日にアジア学院で練習をしています。
ミンゴスという名前の”ミン”はみんなを意味しており、”ゴス”はゴスペルを意味。

 

 

photo_nipopo

ニポポズ

手話を取り入れたダンス、サインダンスを色々な場所で披露しています。皆さんに元気と感動をお届けいたします。